平成29年 秋の「黄綬褒章」受章いたしました。

当社 代表取締役社長 大智靖志は、下記の功績が認められ「黄綬褒章」を受章しました。

 


経営基盤の強化による功績

昭和54年4月 株式会社大智鍛造所に入社後、平成12年11月に代表取締役に就任。
鍛造ラインの増設等の積極的な設備投資、創意工夫による原価率低減の取組、金型の設計及び加工の内作化などにより企業体質の改善に努め、強い経営基盤を築いた。

 

近畿鍛工品事業協同組合における功績

平成24年5月 理事長に就任後、組合ビジョンを作成し、組合事業発展のための提言をまとめた。

 

川西市商工会における功績

平成25年5月 商工会会長に就任後、組織改革。「お役に立つ商工会」運動などを推進した。


 

 【受章の声】

このたび褒章の栄に浴し、身に余る光栄であります。

当然のことながら私1人の力で頂いたわけではなく、これまで支えていただいた地域・業界の皆様はじめ社員各位に心から感謝いたします。

今後も社業はもとより、地域社会および鍛造業界の発展にも貢献できるよう尽力して参る所存ですので、引き続きご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。